メインコンテンツへスキップ

SQL Server 2019

コメント

14件のコメント

  • Pu

    こんにちはPuです。
    新機能を使わない限り問題ないと思います。
    だからMagicで使用するなら問題ないと。
    もうすぐSQLServer2022も出ます
    でわ~でわ~

  • nkmt

    Puさん いつもお世話になっております。
    ありがとうございました。
    SQL Server は 2017止まりでしたので、2019を使ってみたいと思います。
    今は最新開発機には、2008、2012、2014、2017が入れてあります。
    客データ再現の話だけで言えば、2008と2017だけでもいいなと思いましたが
    客先の既存環境へDB丸ごと移す場合も稀にあるので2014は後から入れたような気もします。

  • tanda

    SQL Serverは2012以降、デフォルト設定では、Windowsのサービスで動いているブローカーからSQL Severに自動接続できなくなっていることが注意点のひとつですね。SQL Serverのセキュリティ設定を変えてやる必要があります。

  • nkmt

    SQL Serverのセキュリティ設定を変えてやる必要があるのですね。
    どこなのかまだわかりませんけどコメントありがとうございました。
    2012以降という事なので、2019で変わったという事ではないのですね。
    2008、2014、2017等を今まで使ってきました。

  • nkmt

    Magicで普通に使う分には、2017迄と2019では違いは気が付かないぐらいの感覚でも良さそうですね。
    ありがとうございました。

    古いバージョンでバックアップしたデータを、新しいバージョンのSQL Serverへ復元する事はよくやってますが、逆はきっと出来ないだろうと思っています。

    既存で市販販売管理や会計システム等で古いSQL ServerのLAN環境が出来ているお客様環境がたまにあります。
    そこにこちらのシステムのデータベースを入れる事がたまにあります。

    そういう事もあり、こちらの開発機も2008、2012、2014、2017と入れてきました。
    (市販PKGの場合、SQL Server Management Studioは入っていない事が多い気がします。)

    システムリプレイスを検討している見込み客のサーバーや親機に、SQL Server Management Studioが入っていると「データ移行は出来ると思います。」となる事が多いと思います。

    その点、Pervasive類だと解析されにくいというメリットはあると思います。
    話がだいぶ脱線しました。

  • tanda

    Windowsにログオンして普通にMagicを起動している分には問題ないのですが、RIA Serverのようにコンソールにログオンせずに、Windowsのブローカーサービスから自動でMagicを起動するような設定になっていると、SQL Serverへの接続で、権利がないというエラーで跳ねられてしまいます。

    これは、SQL Server 2012でSQL Serverへのログインセキュリティが強化されて、デフォルトではsysadminの権利が除外されたからです。

    これに対応するには、SQL Server 2012のログインセキュリティの設定でsysadminを追加してやればいいです。

    ※ちなみに、SQL Server 2014以降でこのデフォルト値がどうなったかは未確認です。

  • tanda

    Windows Serverを再起動し、その後1回もWindowsのコンソールにログオンしない状態(リモートAPPもいっさい接続しない状態)でモバイルRIA(iPhoneまたはAndroid)からアプリを起動してみてください。それでSQL ServerのテーブルがオープンできればOKです。SQL Server 2012のデフォルトでは、テーブルを開く権利がないと怒られます。

    10年前にSQL Server 2012がリリースされた直後、ネットでこの問題が大騒ぎになっていました。

  • tanda

    10年前のちょうどそのとき、うちのMagic iOS RIAのセミナーにパソコン持ち込みで参加された方がいらっしゃいまして、その方のパソコンにSQL Server 2012が入っていたものですから、問題が発覚しました。お昼の休憩をカットして、問題を解決しましたが。。。

  • nkmt

    xpa3.2 と SQL Server 2019 で大量データのオンラインタスクでの表示はもしかすると遅くなる事があるのかなという気がしてきました。
    xpa3.1 と SQL Server 2012 の設定では1秒かからずすぐ操作可能になる画面が、
    xpa3.2 と SQL Server 2019 の組合せでは開くまでも時間がかかるようになりました。
    ビュー事前読込は No です。

  • tanda

    私は個人的には、2014が気にいっています。安定していて、速いです。

     

  • nkmt

     

    つい最近SQL Server 2019を使い始めたばかりなのに
    次回の納品は、SQL Server 2022になりそうです。
    開発機にも入れないといけません。
    もしかするとSQL Server Management Studioも入れなおさないといけないかもしれない。
    v18.12.1でした。
    もしこのSSMSでSQL Server 2022のデータ復元等出来ない場合は、
    SSMS 18.12.1はアンインストールして
    SSMS 19.0.1 をインストールするのか気になりましたが
    SSMS も SQL Sever同様バージョン違いを混在できたような気がしますがどうでしょうか?
    C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server Management Studio 18 というフォルダ名でした。

  • nkmt

    開発機には2008、2014、2017、2019が入れてあります。
    SQL Server 2022 Developerを入れたいと思います。

  • tanda

    私はたいてい、上位のManagement Studioは下位のSQL Serverを管理できるものと理解しています。

     

  • nkmt

    初めてSQL Server 2022をインストールしました。(客PCはSTD、開発機にはDeveloper)
    SQL Server 2022 のデータは、SSMS18では表示可能、編集不可能でした。
    SSMS19では編集も可能でした。

サインインしてコメントを残してください。