メインコンテンツへスキップ

明細入力時の先頭項目 必須入力エラー処理から抜けられない

コメント

5件のコメント

  • ISHIJIMA

    リッチクライアントのヘッド・ボティの場合はボティでヘッドに戻る場合は

    CTRLGOTO関数でヘッドの項目に移動する方法だと思います。

    あと先頭項目でエラーチェックをしているとマウス等だと抜けられないことがありますね

    工夫が必要になります。

    完全にというのは難しいかもしれませんが先頭項目でVIEWMOD関数と

    フローモード高速・通常を組み合わせて

    エラーメッセージを表示するとできるようになるかもしれません。

    VIEWMOD関数で修正されていない場合はフローモードを通常にして

    VIEWMOD関数で修正されている場合はフローモードを両方にするとか

    ただ完全に問題がないかはテストしていろいろ確認しないといけないかもです。

    あまり複雑にしないとすれば最終的にレコード後処理でチェックするとか

     

     

     

     

     

  • nkmt

    私も以前ISHJIMAさんにアドバイス頂いた分のリンクを貼っておきます。https://muforum.magicsoftware.co.jp/hc/ja/community/posts/4404916888857

    今年も皆様にお世話になりました。ありがとうございました。

  • ISHIJIMA

    過去に回答していましたね・・

    >マウスクリックの場合フローモードがC=両用(F=高速)だと

    >このような動きになってしまいます。

    >対処方法としては先頭になる項目だけS=通常にする方法がありますが

    >その場合はいろいろ条件が必要とします。(完全ではないかもしれません。)

    >私の場合はVIEWMOD関数を利用して

    >更新されていない場合はS=通常・F=前方(これで抜けることができる)

    >更新されている場合はF=高速・C=両用とS=通常・F=前方としています。(ここがみそ)

    >ただチェックが抜ける事があるみたいなのでレコード後処理にもチェックを入れています。(原因不明)

    >こんな感じです。

     

  • nkmt

    VIEWMOD関数も利用するので

    レコードの内容に含める必要のない作業用変数などは

    データビューの一部=No にするのも大事でしょうね。

  • tanda

    親タスクでトランザクションのRollback()を行うとうまくいくかもしれませんね。

サインインしてコメントを残してください。