vg

いつの間にフォーラム移動してんだだだ・・ 最近メールこないなっておもってたんだ

  • 合計アクティビティ 63
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 31

アクティビティの概要

vgさんの最近のアクティビティ
  • vgさんがコメントを作成しました:

    タスクのレコード後でそのタスクのメインソースであるSQLコマンドのパラメータを書き換えるのは無理ですが、カンマつけておくるのはその書き方でできるかと思います変数経由しているからSQL実行時にまだ変数にセットされてなく戻り値の数が合わずにエラーになってるんでないかとエスパーしますロギング>ゲートウェイ=YES DBMSのログレベル をユーザ用かなんかにしたらアクティビティモニタで流れてるSQL...

  • vgさんがコメントを作成しました:

    試していませんが、0時0分0秒からの秒数なので、-1要らないのとCONVERT関数だとDatatime型なのでちょっとめんどくさいと思うので、時間項目/3600が時 あまりの/60が分のあまりが秒とかにした方がわかりやすいかと Pervasive PSQL スカラー関数のリファレンス とかで検索するとエージーテックのHPがでてくるのでそちらの方が詳しく書いてあります

  • vgさんがコメントを作成しました:

    DDLメーカーはそこまで高機能ではないので変更は難しいのではないでしょうか。。 おかしくなるというのがどんな風かにもよりますが試してみたところDDLメーカーでできたCreateTableのSQLはMagic Dateならbinary、StringDateだとCHAR(8)、IntgerDateだとintegerになっていてIntgerDateの中身は基準日からの日数なので、CONVERT('...

  • vgさんがコメントを作成しました:

    タスク構造がよくわかりませんが、エラーが出ているタスクが違うのではないでしょうか一番上のタスクでスコープ:サブツリーでイベントを作っても止まらないでしょうか 

  • vgさんがコメントを作成しました:

    イベント:レコードが更新されていたを作ってフックして、エラー発生時の方はアボートのままだと終わっちゃうので復旧にしないとってことですね

  • vgさんがコメントを作成しました:

    あれ・・消したいですよね・・更新前の内容を参照していて、トランザクションを抜ける際に今見てたデータ元々の内容と変わっていましたけど?っていうエラーメッセージなのでトランザクションなしにするとかトランザクションのタイミングを見直すが正解なのではと思いますお話の内容的に一覧からのデータ加工ってことは、ビュー再表示(引数0)や子タスクコールするタイミングでレコードを抜けるようにしてタスク終了→一覧...

  • vgさんがコメントを作成しました:

    SQLで全件だと遅いというのは何かしら理由があるのではないでしょうか結果データベースがメモリーになっているとか(全件メモリーに放り込むので遅いはず)事前読み込みが有効になっているとかそもそも書いているSQLが悪いということも、ちょくちょくありますが・・・面倒ですけどワークテーブルにINSERTして表示するとかにするとINDEXもきっちり効いて早くなるのではとおもいます。あ、②③をどうしても切...

  • vgさんがコメントを作成しました:

    bolob型の項目をそのまま、イメージコントロールのプロパティ:データにセットするだけではだめでしょうか。変数とかメモリーテーブルではできるようです。

  • vgさんがコメントを作成しました:

    基本的な.net連携はオンラインマニュアルの.NETチュートリアル Magic xpaが参考になるかと思います。と、ちょっとやってみたんですが、こちらではうまくいきませんでした。手順的には・コンポーネントの一覧に乗ってこなかったのでDLL探して直接指定してコンポーネント追加・.net型の変数のオブジェクトタイプをそれっぽいのを指定する・URIをセットする・項目一覧からフォームに張り付ける フ...

  • vgさんがコメントを作成しました:

    ぱっと思いつくのは2つ 1.メインソースがヘッダの親タスクを作ってぐるぐる、レコード後で明細の子タスクを呼んで処理する 2.タスク環境>インデックス を指定する   ※SQL系のデータベースで結合リンクとか工夫しないと件数により処理が遅いと思いますというところでしょうか。