メインコンテンツへスキップ

固定区分、IF文、説明

コメント

7件のコメント

  • ISHIJIMA

    MAGICの場合クロスリファレンスがあるのでどちらでもよいのかな

  • nkmt

    クロスロファレンスで見落とししなければですね。
    項目説明などもそうですが、条件分岐のブロック文も気を付けた方がいいでしょうね。

    ブロック    IF 性別=1

    ブロック ELSE IF 性別=2

    ブロック ELSE
      警告 想定外の値です

    ブロック END

  • 遠藤勇人

     

    nkmtさん、ISHIJIMAさん

    こんにちは

    僕は区分などは必ず範囲欄に 1:男,2:女,3:不明

    と書きますし、依頼する時にもFLGや区分は意味合いを範囲欄に書いて貰うようにしています。

    後で改造するときに、他人の作った区分は読めないし、クロスリファレンスで全使用箇所をチェックする

    というのも、なかなかしんどい話なんで..........(^^;....

    HAYATO@アインシュタイン設計社

     

     

  • nkmt

    遠藤勇人様 こんにちは。

    そうですね。私も範囲に
    1:男,2:女とか
    0,1:男,2:女などを書いています。
    3:不明 も最初から追加しておくのもいいのでしょうね。

    プログラムの中で、たまに二者択一項目の場合に、まずいのですが

    IF 性別=1
      男
    ELSE
      女
    END

    と書いてしまう事がありそうなので、区分が増えたり、
    他のシステムからのデータ取込などで、範囲外の値が入ってしまった場合
    などを考慮し、自戒を込めて

    IF 性別=1
      男
    ELSE IF 性別=2
      女
    ELSE
      不明
    END

    といった事を意識しようと思いました。

    2択でそれ以外の値は絶対入らないだろうと、手抜きは止めます。
    殆どそんな事はしていないはずですけど。

  • nkmt

    増えそうにない項目は範囲に
    増えるそうな項目はデータにすると思いますが

    区分値、範囲が増えるとプログラム見直しになりますもんね。

     

  • nkmt

    最初からこうしていた場合は
    1:男,2:女,3:不明

    ブロック    IF 性別=1
                  男
    ブロック ELSE IF 性別=2
                  女
    ブロック ELSE IF 性別=3
                  不明
    ブロック ELSE
      エラー 範囲外の値です

    ブロック END

    といった記述をしていこうと思いました。

  • ISHIJIMA

    範囲とクロスリファレンスで問題ないと思います。

    記述した場合はどんな書き方をしても変更した場合は修正しますので・・・

サインインしてコメントを残してください。