tanda

  • 合計アクティビティ 2774
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 1ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 617

アクティビティの概要

tandaさんの最近のアクティビティ
  • tandaさんがコメントを作成しました:

    nkmtさん、 「¥-1-9999」と書けばいいですよ。  

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    komatさん、 Magicの場合は、発想が逆ですね。何もしなければ自動的に登録されます。逆に入力した内容をキャンセルしたいような場合は、Rollback()関数や「取消終了」イベントが用意されています。 昔、トランザクションの概念が薄かった頃はCobolの手法を踏襲するような形で、一時ファイルを用いて仮登録し、コミットの段階で本ファイルにコピーするというような面倒な処理を行っていた時期もあ...

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    komatさん、 ご参考までのアドバイスですが、Magicではタブで画面の切り替えを制御するより、サブフォームで切り替える方法を採用したほうがプログラムが楽ですよ。 サブフォームは入れ子構造にすることもできますので、検索入力画面と結果リスト表示画面と、さらにその結果リストから特定のレコードを指定して詳細を表示するための画面のすべてを1画面に収めて制御することができます。 komatさんの投稿...

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    komatさん、 パラメータの渡し方なんですが、1枚目のタスクと2枚目のタスクの双方から共有できる上位タスクを1個設けて、そこに変数を立てて2枚目のタスクから更新してやればいいと思いますよ。 1枚目のタスクでは、その変数の値が変わったタイミングで画面を更新して、該当する伝票の表示に切り替えてやればいいと思います。

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    komatさん、 2枚目で得た検索結果の値はどのようにして1枚目の画面に渡していますか?あと、1枚目の画面更新はどのようにされていますか?  

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    nkmtさん、 Googleで「Magic Users Forum」で検索すると出てきますよ。 https://magicu-l.groups.io/  

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    msjadminさん、 日々のご奮闘、お疲れ様です!

  • tandaさんが投稿を作成しました:

    【Magic xpa 連載最新号のご案内】 2024年6月3日

    Magic xpa 開発者ユーザの皆様へ 【1】 Magic xpa 連載のご案内------------------------------------------------本日、Magic xpa の連載、「Magic xpa で作るイベントドリブン型プログラム」の第195回目「データリポジトリのリレーションシップ」を連載コーナーにアップいたしました。 https://www.tand...

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    Teraさん、 手元にハンディターミナルがないので現物テストができないのですが、開発環境のデバッグ実行ではちゃんと止まりますね。 機種依存っていう可能性も含めて、ハンディターミナルをお使いの人からアドバイスがあるといいですね。

  • tandaさんがコメントを作成しました:

    AIS川島さん、 「読込速度」っていう観点からしますと、1秒とか2秒を争うレベルだと思うのですが、それ以上の待ち時間とかになりますと、インデックスの定義がロジック的に正しいかどうかの問題に言及される場合もありますが、実際に「遅い」というのが、具体的な数値で何が何秒とかの例はありますか?