遠藤勇人

株式会社アインシュタイン設計社

  • 合計アクティビティ 43
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 25

アクティビティの概要

遠藤勇人さんの最近のアクティビティ
  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    横から割り込み、すいません。 確か、そういった日本独自の内容って、mgconstw.JPN に書き込まれているんじゃなかってでしたっけ? HAYATO@アインシュタイン設計社

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    Y・Nさん、こんにちは それは変数でも起きますか? それともテーブル辞書の項目を割り当てていますか?    もしそうなら、そのテーブル項目の格納サイズを確認してみてください. そこが正しい値でないと、文字が途中できれてしまったりします。 、 ※ちなみに、今日届いたXPA plusで、オンラインサンプルの中にAPGで作る限りでは、漢字入力欄に式で設定しても、同じ事象にはならないです。 (Wi...

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    Y・Nさん、こんにちは >トランザクションモード (物理)  トランザクション開始 (なし)  >を行う事により、改善は見込めるでしょうか。 ----------------------------------------------------------------------------- 遅延が起きた時の状況がデッドロックならば、そうだと思います。 ただ、むやみにtransactio...

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    Y・Nさん、こんにちは WP0266は、XPAの確か3.Xからだったと思いますが、論理的な矛盾のチェックで追加されたと記憶しています。 本来物理transactionの開始タスクでは、それ以下のタスクを含めて使用するテーブルをすべてオープンしておく必要があります。(異常時に開始時点までロールバックさせるのが目的ですから) 以前のバージョンですと、それをしなくてもエラーも警告も出なかったのです...

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    こんにちは umemoriさん 補足ですが、範囲抽出を結合リンク先のテーブルの位置付で行うよりは MAGIC SQLの範囲式の方が高速な場合があります。 処理速度は、そのDBのインデックス構成やデータ量によって変わるので、一度試してみてください HAYATO@アインシュタイン設計社  

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    こんにちは  照会リンクではなく、結合リンクを使ってみてください。   HAYATO

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    こんにちは ORACLEクライアントをインストールされていないと、Oracleゲートウェイは有効になりません。 たぶん、それじゃないでしょうか? HAYATO  

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    こんにちは そういった場合には、必ずmgerrorログに原因が記録されていると思いますが、どのようなログになっていますか? 過去に経験したのでは、①ライセンス数超過 ②なんらかのPGエラーでエンジンが異常終了する ③ライセンスのメンテナンス期限が切れている  などです。   リクエストが来て、アプリからデータベースへの接続が発生してのエラーなら②も考えられますが 5つの別々のアプリが同時に落...

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    渡辺勝様  こんにちは 一度、サーバーとクライアント間のTTLを測ってみては如何でしょうか? 通常社内であれば 1msec以下だと思います。 Pervasiveは使わなくなって10数年経つので、MS-SQLサーバーでの経験ですが サーバーとクライアント間が遠距離になることで、えらく遅くなり、同一セグメントに配置したらバッチの速度が10倍になったことがあります。 同じ様な例で、お客様が社...

  • 遠藤勇人さんがコメントを作成しました:

    こんにちは。 magic3.Xのヘルプを見ると、以下の様な記載があります。客先のメールサーバーは何でしょうか? Azure環境ならひょっとしてExchangeかな? と思いまして.... XPA 3.2以降ならTSL/SSLを使うメールサーバーの場合には、Javaフレームワークを環境設定して送信するようにしています。      👇 Q12 MailConnect関数でMicrosoft Ex...